BCP環境活動

井上組のBCP(事業継続計画)の取り組み


事業継続計画の策定趣旨

 「事業継続計画」は、災害・事故等で当社の社員・社屋・設備・施工中の現場・協力会社などに相当の被害を受けても、重要業務をなるべく中断させず、たとえ中断しても許容される時間内に復旧できるよう、経営の観点から策定するものである。
 当社は、徳島県の建設企業として、災害・事故等が発生した場合、できる限り地域の救助復旧活動に当たり地域の期待に応えるべきである。さらに、社員やその家族・関係先各位のためにも、当社が相当の被害を受けても極力経営を存続する努力を行うべきである。
 このため、事業継続計画を策定し、継続的に改善していくことで当社の事業継続力の向上を図る。
事業継続力は、平常時の維持管理・改善を怠ればすぐに低下してしまうので、継続できる当社のマネジメントとして取り組みを行っていく。


事業継続計画の基本方針

1. 社員とその家族の生命・身体の安全確保に最善をつくす。
2. 自社施設等の被害を最小限にとどめる。
3. 地域の救援活動・復旧活動に全面的に協力する。
4. 施工中の構造物の倒壊等による近隣地域への二次災害発生を防止し、地域住民の安全を確保する。
5. 災害協定に基づいて、災害応急対応を迅速に実施する。また、未協定の災害応急対応にも協力する。
6. 災害・事故等のリスクに強い企業になることを目指し、事業継続計画を定期的に見直し、改善する。


なでしこBC連携の取り組み

 今、南海トラフ地震の発生に備えて国土交通省の各地方整備局では、建設業における事業継続力認定制度を設け、建設業者の災害対応力の強化を図っています。
 しかし、昨年の「雪害」など、実際に災害を経験し、被災地の建設業者の対応力の限界を知り、災害時において、協力できる会社間で「なでしこBC連携」の協定を行い、合同訓練等を実施しています。


なでしこBC連携の取り組み(2016年01月26日).pdf

なでしこBC連携概要書.pdf

第1回 活動報告(2015年02月18日).pdf

第2回 活動報告(2015年06月29日).pdf

第3回 活動報告(2015年08月20日).pdf

第4回 活動報告(2015年09月09日).pdf

第5回 活動報告(2015年12月14日).pdf

第6回 活動報告(2016年01月13日).pdf

第7回 活動報告(2016年06月23日).pdf

第8回 活動報告(2016年11月11日).pdf

第9回 活動報告(2017年02月01日).pdf

第1回 なでしこランチ(2017年05月12日).pdf

なでしこの活動計画【案】(㈱大竹組 橋本美春さま).pdf



平成27年度 土木学会四国支部 技術研究発表会 論文(2015年05月23日).pdf

平成27年度 土木学会「第33回 建設マネジメント」に関する
研究発表・討論会 論文(2015年12月01日).pdf

平成28年度 土木学会「災害対応力を高める地方建設企業の連携した取り組み」
論文(2016年05月28日).pdf

平成29年度 土木学会「地域外の建設企業との連携への取り組み(なでしこBC連携)」
論文(2017年05月20日).pdf



井上組の環境方針(エコアクション21)の取り組み

当社は、2011年6月7日付けで、環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証を取得しました。
「エコアクション21」は、環境省が策定した事業者向けのガイドラインに基づいた環境マネジメントシステムで、財団法人地球環境戦略研究機関 持続性センターが運営する認証・登録制度です。
当社では、この「エコアクション21」の運用を通じて、環境保全活動に積極的に取り組んでいくことで社会に貢献していきます。

環境方針(2016年07月01日改定).pdf

環境活動レポート 井上組(2016年07月15日).pdf